FC2ブログ
All entries of this category were displayed below.

伝説の勇者の伝説〈11〉君子豹変の王様 伝説の勇者の伝説〈11〉君子豹変の王様
鏡 貴也 (2006/10)
富士見書房

この商品の詳細を見る
ということで朝一で買いに行き、先ほど読み終わりました。
第一部完ということである程度話が進み、やっとこさスタートラインに立った感じです。
・・・やたらと長いプロローグだったなぁ。

しかしこの作者が書くストーリーはほんと悲劇だ。
伝勇伝が今後どうなっていくか分かりませんが、とりあえず区切りが付いたエルウィンと合わせても本当に救いがない。

予定では伝勇伝の長編は残り10冊だそうで、今後どうあの世界が変わり、ライナやシオンが進んでいくのか、それぞれの道がどう交差するのか楽しみです。
スポンサーサイト




ファイルの整理方法というのはしばしば話題になったりしますが、今音楽ファイルの整理方法で悩んでます。

基本はアーティスト名で分類するのがベストなのでしょう。
J-POPとかならそのままアーティスト別にすればいいとは思うのですが、アニソンだとキャラクターアルバムとかボーカルベストのような「アニメ作品」という分類項目ができてしまうんですよね・・・

OPやED程度ならまぁアーティストで分類してもまだ納得できますが、さすがにひとつのアルバムの中に何人ものアーティストが存在しているとそれを一人一人別フォルダに分類するのは抵抗感があります。

なんかいい方法ないですかねぇ・・・

オフやらコミケやら行ってきたわけですがまぁそっちはmixiに書いたし写真とかなにもないのでそれ以外のレポをこっちで。

12日。
6:40の高速バスに乗って東京へ行く。
はずが目が覚めたのが6:19・・・orz
5分で着替えてダッシュ(自転車)で浜松駅へ。
ぎりぎりセーフ。
ある意味奇跡。
それ以上に出発の段階でネタを作ってしまったことにワロス。
・・・ぜんぜん笑えないけど。

昼ぐらいに東京駅に到着。
そこで友人と落ち合い幕張メッセへ。
ここで友人電車の乗り場を間違えまくる。
さすが名鉄本線に乗ったはずが知多半島に向かっただけの事はある。
・・・そのときぼくもいたわけですがorz

幕張では他にもイベントがあったみたいで結構な人だかり。
しかしそんなものは無視して一直線に幕張メッセへ。
恐竜がオレたちを呼んでるぜ!

スーパーサウルス
スーパーサウルスの全身化石標本ですね。
小学生のころに呼んだ図鑑だと「ブラキオサウルス・スーパーサウルス・ウルトラサウルス」と並んで載ってましたがその一体が目の前に。
スーパーサウルスは今のところ世界で2体しか見つかってなくて、それを総合して約50%ぐらい復元できているそうで。
いやはやでかかった。
他にもスーパーサウルスの足(大腿骨とか?)やアルゼンチノサウルスの化石(どこかは忘れた)が展示されていて、今回の恐竜博は竜脚類の展示が多かったと思います。
個人的にはディプロドクスの全身化石標本が見れたのがよかった。
やっぱりあれは尻尾長すぎでしょう。
それ以外に体の半分以上が首っていうのもあったけど名前忘れた・・・
下宿戻ってパンフレット見ることにします。

あとよかったのが熱河生物群。
最近話題の羽毛恐竜がこれに分類されるそうです。
実際に羽毛の跡が化石として残っているあたり、恐竜は爬虫類だから体表は鱗に覆われてるというイメージだった、もしくは想像図で「もしかしたら羽毛が生えてたかも」という認識だったぼくのような世代には注目すべきところです。

羽毛恐竜?
これが羽毛恐竜ですかね?
結構写真撮ったからどれがどれやら・・・
これも帰ったら調べないと。

今回の恐竜博でよかったのは本物の化石が多かったということもあげられます。
さすがにスーパーサウルスのような巨大なのは複製でしたが、それでも人間クラスor人間以上のサイズでも本物の化石があったのは非常に感動的でした。

アーケオルニトミムス よくわからんが埋まってる本物化石

左がアーケオルニトミムス、右がよくわかりませんが本物化石でした。
オルニトミムスといえば「ドラえもん のび太の恐竜」にもでてくる有名?な恐竜なのでその本物が見れるとは思ってませんでした。

まぁそんなこんなで恐竜好きにはとても楽しい2時間でした。
2500円払った甲斐はありました。


その後幕張メッセから出て何しようかってことで近くの店行って買い物+ゲーセンへ。
メダルゲームやったらなぜかどんどんメダルが増えていって終われなくなる羽目に。
相変わらす運がいいんだか悪いんだか・・・
その後サイゼリヤで夕飯で友人宅へ行き就寝。


13日。
コミケ当日。
4時30分ぐらいに起きて出発するも東待機列のほんとに最後のほうに並ぶことに。
それでもなんとか10時まで耐えてまずはAMRにダッシュ(早歩き)。
30分経っても一歩もすすまねぇぇぇ!
つーことで抜けました。
その後は当初の予定通り漫画中心に回りました。
ふと気づいたんですが大手行かずに紙袋貰わないとコミケに行った実感が半減しますね。
・・・ただミーハーなだけですかそうですか。

いい加減疲れてきたので14時ぐらいにコミケ会場から脱出。
オフ会まで時間があったので前から行きたかった上野公園に行くことに。

天海毛髪塔 彰義隊墓
左が天海僧正の毛髪が収められている毛髪塔。
右が彰義隊の墓。

上野東照宮 綱吉墓

左が上野東照宮。
右が寛永寺内にある徳川綱吉の廟所。

特に上野東照宮には家康の直筆の遺言書とかがあって超感動ものでした。
正直コミケよりも行った価値がありました。

その後時間も差し迫ってきたのでオフ会の待ち合わせ場所へ。
その前にさすがに汗かきまくりだったので着替えました。
この時点でかなりふらふら。

そしてオフ会→2次会→POLさん宅という流れ。
泊めていただいたPOLさんにはほんと頭が上がりません。
ぼく以外はPOLさんちで麻雀やってましたがぼくはもう疲労困憊でダウン。
さすがに疲れたですよ・・・

14日。
東京で大規模停電があったにも関わらずPOLさんちでは何事もなかったかのように時間は過ぎて。
14日中に実家に帰らないといけないってことで昼前にPOLさん宅を御暇させていただきました。
また百合さんが寝ているときですみません・・・

帰る手段としてJR,高速バス,新幹線があったんですが、もう気力・体力なかったので新幹線で帰ることに。
おかげで昼過ぎに浜松に帰ってこれました。
その後シャワー浴びて実家に帰るというコース。


大体3日間の流れとしてはこんな感じ。

予想外にテンパってないので、久々に壁紙作ってみました。
・・・激しく公開後悔しました。

何をトチ狂ったか「恥ずかしいけど ちょっとダイタンにっ!」とか入れてしまった。
見てるこっちが恥ずかしいわっ!!

でもまぁ、せっかく作ったので一部載っけときます。
いないとは思うけど欲しい方はメールしていただければ送ります。
かりん

一応素材はかりんです。

「時をかける少女」見てきました。
・・・ひとりで。
結局だれも捕まらなかったんですよ。
みんな忙しいんだなぁ(かという自分もけっこうてんぱってますが)

さすがChack’nさんが絶賛しているだけはありました。
ああいう日常のなかに少し不思議な話が入る、そしてそれが心の琴線にふれる。
下手な実写よりよほど心に響く。
それがアニメのいいところだと思います。
オススメです。


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2019 blue-wind, All rights reserved.